素晴らしい先生、患者仲間との出会いが私の人生を変えた(40代男性:Sさん)

私が乾癬を発病したのは中学生の頃でした。最初は小さい皮疹が少しあるだけでしたので、乾癬という病気をあまり気にしていなかったのですが、20歳を過ぎたころから急激に全身に広がりはじめ、合わせて全身の関節がとても痛くなるようなひどい状態となりました。

pic1

pic2

当時、病院にも通っていたのですが、なかなか思ったように回復せず、思い余って何の根拠もない聞いたことのないような植物のエキスの入った、いわゆる「健康食品」に手を出してしまったこともあります。しかし、多額のお金を使っただけで、乾癬は全く回復しませんでした。それどころか、その後は更に悪化の一途を辿り、沢山の苦労もむなしく、残念ながら乾癬の中では最も症状が重く、国の指定する難病扱いにもなっている、「汎発性膿疱性乾癬」に「関節症性乾癬」も合併した形のとても辛い状態となり、やむを得ず何度かの入院も経験し長い闘病生活を余儀なくされてしまいました。

しかし、そのように思い悩んでいたある日、ひとりの良い医師と出会いました。良い先生というのは、私の乾癬を“魔法のように治してくれる先生”という意味ではなく、私にはどんな治療を施したら良いか、私に合う治療をさぐり、ともに悩み、一緒に考えてくれる先生、そして、患者として必要な乾癬や治療に対する“正しい知識”を持つことを教えてくれた先生ということです。

そんな素晴らしい先生との出会いが私の意識を大きく変えました。先生と出会ってからも、乾癬はすぐには回復しませんでしたが、それでも少しずつ自分に合った治療を行なう事ができ、時間はかかりましたが、その後に何度か乾癬が体にない、「完全寛解」と呼ばれる状態を経験しました。その時には、もう海でもプールでも温泉でも、どこへでも行って人前で肌を晒せる喜びを噛みしめていました。

今現在も、私の体にはほとんど乾癬の皮疹がありません。私が乾癬の治療に一番苦労していた時代と比べて、今は飛躍的に治療が進み、“治療の選択肢”も沢山増えました。その中で私は生物学的製剤の治療を施し、この5年くらいの間は体のほとんどどこにも乾癬のない状態を維持しています。

また、患者会に入会したことで、自分と同じ乾癬を長年患い同じような苦労をされてきた自分以外の患者さんと出会う事ができ、時々合って情報交換したり、食事して楽しんだりと、病気の事は何でも話せる何とも言えない素敵な仲間ができました。単に同じ“乾癬”を患い苦労してきたというだけなのに、何とも言えない親近感を覚えるのは本当に不思議に思います。

現在も乾癬は「治らない病気」と言われていますが、それでも私のように、患者自身が「乾癬が治ったのと同じような状態」で暮らすことを期待できる時代になったように思います。今もなお悩んでいる沢山の方々に笑顔が戻る日が来ることを祈っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。