9/27オンライン乾癬性関節炎&膿疱性乾癬患者の集いを開催しました

初めてのオンライン開催でしたが、50名が参加して有意義な時間を過ごせました!

Zoom配信会場には、最低限のスタッフと先生方で環境に気をつけて行いました。

 
プログラムの始めは、患者トークセッションからです。
膿疱性乾癬のEさん、乾癬性乾癬のKさんに症状と診断にたどり着くまでの経緯や気持ちをお聞きしました。
症状が大変な時の不安や苦労、病名がわからない中での通院のエピソードは、今では笑って話ができるお二人でした。
Eさんは、自分の体質と受け止め、悪化させることをしないように気をつけているそうです。
Kさんは、乾癬に限らず、試練や経験は自分の成長の糧になると考えていれば苦にはならないとおしゃっていました。
聖路加国際病院の新井先生、金児看護師には、治療への向き合い方、主治医や看護師さんとのコミュニケーションについてアドバイスをいただきました。

 
続いて、5グループに分かれ先生も交えてグループディスカッションをしました。
各グループの乾癬フリートークは、時間が足りないほど盛り上がりました(^^)
症状の共有、生活習慣、病院の悩み、治療、痛み、生物学的製剤のことなどが話題になったようです。ひとりじゃないよ!を実感する時間でした(^^)

 
医療講演は、帝京大学病院皮膚科の多田弥生先生が、乾癬性関節炎、膿疱性乾癬をわかりやすく説明してくださいました。
乾癬の種類別に皮膚で何が起こっているかがわかりました。
日常生活の改善が、症状緩和や治療の効果に繋がる理由ががよくわかりました。
脱メタボ、禁煙、運動を心がけていきましょう!


最後になんでもQ&Aのコーナーは、事前質問と当日のチャットの中から先生方に回答していただきました。

皆さんの悩み、主治医に何度でも納得がいくまで勇気を出して相談していくことが大事なようです💪


P-PATでは、随時オンライン交流会を開催しています。
ひとりで抱え込まないように、参加してストレス解消しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。